♪楽譜仕事人PAG-LLP

  • 楽譜仕事人PAG-LLPはピアニストとギタリストからなる4人のメンバーによって組織された作曲家・編曲家の集団です。
  • 団体名からもおわかりのように、楽譜の出版、音楽制作、新レーベルの立ち上げを目指し、独自の視点で様々な方面に働きかけます。
  • LLPとはLimited Liability Partnership(有限責任事業組合)の略で、2006年度からスタートした新会社法に定められた新しい形態の法人等組織の名称です。
  • 2006年5月に横浜地方法務局への登記が済んでいます。

♪主な業務内容

  • 新規音楽出版物の企画、立案。
  • ピアノ及びギターに関する作・編曲、音源制作、楽譜の浄書を行います。
  • 長年の演奏経験、作・編曲経験に基づいた実用的でハイレベルな編曲、作品を提供致します。
  • アレンジの段階から楽譜ソフトを使った楽譜制作を行うため、アレンジの完成とほぼ同時に浄書が完成します。
  • 音源制作では編曲者自らが演奏したものを基本にしており、いわゆる打ち込みとは異なる生の演奏に近いサウンドデータを提供致します。

メンバー紹介

江部賢一Kenichi Ebe (1951〜2015)

ギタリスト、作、編曲家。
ヤマハ・ネム音楽院でジャズギター、作・編曲および音楽理論を学ぶ。ソロおよびバンド演奏活動のほか、教則本やアレンジ曲集の出版を積極的に手がけている。ソロギターの編曲集「Go Go Guitar」など雑誌の編曲多数。クラシックからジャズ、ロック、ラテン、映画音楽まで守備範囲は広く、特にボサノバを中心としたブラジル音楽はギターの特性が生かせる分野でもあり深く研究している。2006年からスタートしたアレンジャー集団「楽譜仕事人 PAG 有限責任事業組合」の代表。ぷりんと楽譜、@ELISE等にアレンジをネット配信中。

内田ゆう子Yuko Uchida

ピアニスト、作・編曲家
国立音楽大学ピアノ科卒業。ドイツでクラシックピアノ、ヤマハ・ネム音楽院(専科)、ニューヨークにてジャズピアノを学び研鑽を積む。クラシックをベースに、ジャズのエッセンスを取り入れ、演奏から作・編曲まで、幅広いジャンルをこなすピアニストとして、活動を繰り広げている。編曲に於いては、弾きやすく聴き映えのするアレンジをモットーに、「クラシック名曲50選」シリーズ(株リットーミュージック)、ピアノ曲集(株ヤマハミュージックメディア)他、出版多数。ダウンロードサイト(ぷりんと楽譜/@ELISE他)にて毎週楽譜を配信している。2016年より楽譜仕事人PAG代表。CD:「パープル・レクイエム」「REUNION 再会」他
https://uchidayuko.com

川口 晴子Haruko Kawaguchi

ピアニスト、作・編曲家
幼少の頃よりクラシックピアノを始め、ネム音楽院(現ヤマハ音楽院)にてジャズ・ポピュラーピアノ、作編曲法を学ぶ。卒業後はヤマハ大人の音楽レッスン・ポピュラーピアノ(ポップスタイルピアノ)科、ジャズピアノ科の講師として後進の指導に携わる傍ら、演奏、作・編曲など、様々な活動を行っている。(株)リットーミュージック、(株)ヤマハミュージックメディア、(株)自由現代社などから発売されているピアノ曲集に、多数のアレンジを提供している。現在、ヤマハ「ぷりんと楽譜」、「@ELISE」等の楽譜ダウンロードサイトにて、数多くのアレンジ譜を配信中。アレンジのジャンルはクラシック、ポピュラー、ジャズ、Jポップスなど多岐に渡る。
http://www.harukokawaguchi.com

高橋 美夕己Miyuki Takahashi

ピアニスト、作・編曲家
国立音楽大学在学中より、ヤマハ・ネム音楽院(専科)にてジャズピアノを学ぶ。ホテル・ラウンジ等のピアノ演奏、音楽出版社での編曲、ヤマハ音楽院講師などを経て、クラビノーバのデモンストレーションプレイヤーとして、ヨーロッパ各国にて多数のコンサートに出演。帰国後、和声学、対位法、オーケストレーションなどを本格的に学ぶ。好きな作曲家はベートーベン、ショスタコーヴィチ、シェーンベルク。交響曲などの管弦楽曲を愛し、その分析をすることを楽しみとする。現在、ヤマハ「ぷりんと楽譜」「@ELISE」他、楽譜ダウンロードサイトにて数百曲のピアノアレンジ譜を配信中。また、(株)リットーミュージック、(株)自由現代社などから発売されているピアノ曲集に、多くのアレンジを提供している。

江部北斗Hokuto Ebe

父・江部賢一の影響で12歳からギターを始める。音楽学校MESAR HAUSにてギター、音楽理論を学ぶ。卒業後、BOWWOWの山本恭司氏のバンド(Kyoji Yamamoto solo concert~21 July 2007~としてDVDリリース)、元カシオペアの櫻井哲夫氏のバンドに参加。劇団四季や新国立劇場の舞台にも参加している。新国立劇場"アジア温泉"はNHK BSで放送され、韓国公演も行われた。2010~2011年と2年連続でLee Ritnour主催のギターコンペティション"Six String Theory"ファイナリストに選出され、LAで演奏。自身のアルバムViewを自己レーベルから発表。リーダーバンドやセッションでのライブ活動を行う傍ら、MESAR HAUSのインストラクターを務める。

江部聖也Seiya Ebe

専門学校MESAR HAUSにてギターを井上博、山本恭司両氏に師事。在学中よりアイリッシュ、ブルーグラスに傾倒。卒業後は自身のリーダーバンドやサポートでの演奏、アレンジや譜面の作成、講師業など幅広く活動中。

現在はアイリッシュ音楽を中心に、アコースティック編成でパブやカフェでの演奏に力を入れている。また、ギター以外にマンドリンやウクレレなどの弦楽器も扱い、ライブやレコーディングに取り入れている。